古物をリサイクルする。 – くず鉄業三代目の挑戦 – 非鉄金属買取 金沢商店

まいど、金沢商店です。

台風ですね。大阪はあまり直撃の被害が少ないと言われてますが、さすがに普段よりは強風でウチの倉庫のオンボロシャッターもそのせいか片方が開かなくなりました。蹴ったら直りましたけど。大阪人の精神ですね。

さて、今月初の更新になります。

先月のお盆休みに親戚と、昔から可愛がってもらっている従兄弟の兄ちゃんの友達と海水浴に行ったのですが、その従兄弟の兄ちゃんの友達に

「お前のブログすべってんで。おもんない」

と言われたので今日は中途半端にウケを狙いに行かずリサイクル業と言う自らの業種に真摯に向き合っていきたいと思います。

僕は父親からこの稼業を受け継ぎ、様々な業種の色んな企業様とお付き合いさせて頂いていますが、その中の一企業様に<川村義肢㈱>と言う大手医療器具製造メーカー様と去年から取引させて頂いています。

なぜ世界の川村義肢様がこんな弱小オンボロ個人企業にお声を掛けてくださったのかはわかりませんがウチでは金属加工物、要リサイクル系廃棄物の分野での収集を担当させて頂いています。

一般的な品目としてノーマルタイプの車椅子、電動車椅子、セニアカー、歩行器等の医療機器が多いのですが、ウチでは一般のリサイクルストア等と違ってリペア加工を施して転売等は行っておらず、主にアルミ、ステンレス、鉄、廃棄物と分別加工をして金属リサイクルを施しております。

なにせ世界的メーカーのしかも本社ですから二日も引取りを怠れば山のように品が貯まります。連休明けの今日お伺いしたらざっと40台以上の医療器具が僕をお出迎えしてくれました。ちなみに2tトラックで28台積めました。次は30台目指します。

倉庫に帰り荷下ろしをしていると隣の社長さんに「兄ちゃん何屋やねん」と言われました。確かに。中古車椅子ストアでも開業する勢いです。

使えなくなり、廃棄物として扱われる物もリサイクル品として生まれ変わります。世の中にリサイクルの需要は尽きる事はないのだと僕は思います。

ご家庭の処分費が必要な不用品も捨てる前に一度検討してみて頂けたらと思います。ゴミだと思っていた物が有価物、もしくはそれ以上の値打を見出す事もあるのです。

長くなってしまったので今日はこの辺で失礼します。

それではまた。

おおきに(^^)

s_securedownload (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です